症状別に調べる!

薄毛になる経過で感じること

投稿日:2019-02-18 更新日:

矢島相談員
薄毛になる段階で精神的なダメージ・・・ありますよね。

 

髪の毛が細くなるところから始まります。

最初に毛が細くなることから始まります。

 

本当はそれよりもっと以前に、自身で毛を触ると「何かおかしい。今までのように毛に元気がないような気がする」

と感じる段階があります。

 

矢島相談員
細くなった状態の髪の毛です。

 

頭皮の栄養状態が悪くなることによって(血流が悪くなって)、中身の詰まっていない毛が増えてくる段階です。

 

成長期

成長期は、髪の毛の元となる毛母細胞が細胞分裂を活発に繰り返している時期で、髪のを毛が伸び続けている状態です。

 

成長期では1カ月に約1センチのペースで伸び続けるといわれています。

 

また、ヘアサイクルのなかでも一番長い期間で、平均的な髪の毛では2~5年は成長期が続き、次の退行期になってから自然と抜けていくのです。

 

この成長期が長ければ、髪の毛は太く丈夫に育っていきます。

 

矢島相談員
太くなった状態の髪の毛です。

 

いま生えている髪の毛の90%程度が成長期にあたります。

 

退行期

退行期は、成長期で細胞分裂を活発に繰り返していた毛母細胞の力が弱まり、髪の毛が成長しなくなる時期です。

 

成長しきった髪の毛が退行期に入ると、色素細胞がメラニンを合成しなくなります。

 

毛根内部の細胞が小さくなっていき、髪の毛を成長させていた毛母細胞の働きも急速に弱くなるのです。

 

退行期では2~3週間で髪の毛が成長を完全に停止し、髪の毛は毛包に包まれながら上部へと上がっていきます。

 

いま生えている毛髪の1%程度が退行期にあたります。

 

休止期

休止期は、退行期で活動が低下していた毛母細胞が細胞分裂を止めて、髪の毛の成長がストップする時期です。

 

成長が止まった髪の毛は次の新しい髪の毛を育て始めるため、徐々に上に移動し、抜けやすい状態になります。

 

普段の生活で髪をとかしたり、手で軽く触れるだけでも髪の毛が抜けてしまうのは、休止に入っている可能性が高いのです。

 

休止期は2~4か月間続きます。

 

今、生えている髪の毛の10%以上が休止期に当たります。

 

成長期が止まった髪の毛が増える

髪の毛に元気がないかな・・?という状態はいったんはしばらく停滞します。

その状態が続くと、成長期が短くなり休止期が長くなって、伸びない毛が増えていきまをす。

 

具体的にこんな影響がでています。

  • 髪の毛が細くなる
  • 柔らかくコシがなくなり
  • 髪全体のボリューム感がなくなっている
    ⇒わかりやすい部分としては、側頭部や後頭部の髪の毛と、頭頂部や前頭部の髪の毛の太さやコシなどを比べるとわかりやすい
  • 分け目のところが広がり、地肌が目立つようになる。
  • 1回の抜け毛が200本になる。
    ⇒目安としては、シャンプー後のお風呂場の排水溝が毎日毛で詰まるようになる。
  • 朝起きた時に枕にたくさんの抜け毛が目立つようになる。抜け毛がどれも細い。
  • 額の生え際が以前に比べて広がったように感じる。
  • 髪型がセットしにくくなり、風呂上りなどは髪がぺちゃんこになりやすく地肌が目立つようになる。
  • 1カ月に1回カットしていたのが、 1カ月半に1回のカットで済むようになる。
  • 美容室に行くサイクルが長くなっていくことが増える。

 

髪全体に、成長期がとまった髪の毛の割合が高まってくると、血流不足・栄養不足で毛を支える部分も弱っています。

 

ますますいっ抜けてもおかしくない状態になってしまいます。

 

シャンプーを変えたり、カラーをしたり、引越で環境が変わると、急に抜け毛が増え始めます。

 

刺さっているだけの毛と自然脱毛の毛が合わさるからです。

 

コラム~急に自然脱毛が増える!?~

自然脱毛は成長期が終わり、休止期にある髪の毛が自然と抜けて行ってしまう現象をいいます。
抜ける原因は科学的に解明されてはいませんが、環境が一気に変わることがきっかけとなり
抜けるケースは多々ある様です。

 

-症状別に調べる!

Copyright© 【育毛剤の口コミは嘘・・?】市販の男性育毛剤で薄毛対策を極める! , 2019 All Rights Reserved.